自宅で歯のホワイトニングするとき重曹つかっていいの?

MENU

重曹を使用する歯のホワイトニングのやり方

 

自宅で可能なホワイトニングの方法の一つに、歯磨き粉を使ったものがあります。

 

最近は重曹を使用した歯磨きは人気になっています。

 

重曹は虫歯が治るとされており、虫歯の改善にも活用されています。

 

重曹は虫歯菌が放出する酸を中和し、再石灰化を促してくれる成分がありますので、虫歯菌が歯を溶かすのを防いでくれるのです。

 

 

この効果は初期の虫歯にこそ効果が見られ、歯を自然に治していってくれます。

 

ちなみに重曹の使い方は、うがい用として使う方法、歯磨き粉として使う方法、さらにホワイトニングとして使う方法があります。

 

 

この重曹を使ったホワイトニングのやり方ですが、まずはいちごを潰して重曹とよく混ぜペースト状にします。

 

その液体を歯に塗って5分間待ちます。その後に歯磨きで徹底的に重曹を落とします。

 

いちごの種がやっかいですが、フロスを使うと上手に落とす事が出来ます。

 

ただ、この重曹を使用したホワイトニングは、研磨効果が高いですので、週に一回までにした方がいいでしょう。

 

 

同じく殺菌効果の高い酢を使ったうがいなども、歯石防止に推奨されていますが、こちらも刺激が強いですので、最大でも週に三回までにしましょう。

 

また重曹による歯磨きも研磨作用が強く有効で、濡らした歯ブラシの先に自然にくっつく位の量をつけ、磨くといいでしょう。

 

こちらも最大で週に三回位までですね。

 

 

市販の歯磨き粉などと違い、お酢や重曹は刺激も強いですので、医師に相談してみるのもいいですよ。